研究室訪問レポート

* 久し振りに研究室を訪ねてみました *
―OB/OG諸氏に、7月15日お昼の研究室訪問をお勧めします
旧赤木研一期) 吉田

Floating Image 皆様のお手元に、OB/OG会のお誘いはがきが 届いていますでしょうか。 今年はいつもの長期連休中の開催日から変更で、 場所も少し交通の便が悪い吹田キャンバス内に なっているし、参加どうしようかなって思っていませんか。

実は今年の幹事役のM2栗山さんに聞いてみると・・・ なんと当日早めに来ることのできる先輩のために、 現在の研究内容を、学生のみんなから教えてくれる 準備を始めてくれているじゃないですか。 私は、研究室のホームページを見て、とにかく一度 機械棟一階のなつかしの研究室(学生室)を、 赤木先生、藤田先生に教えていただいた学生仲間の 一人として、訪ねたくなりました。

先日6月12日、ワールドカップサッカーのオーストラリア戦 開始前の夕方、M1/M2の5名の方々に、一時間半程度 時間をいただき、学生室にお邪魔しましたので、その時のことを レポートします。

まずは、集合写真のバックにある「大型ホワイトボード」。 これはいつできたんでしょう。(私の時にはなかったような・・) 真ん中の広いテーブル。 (これは、あの頃、ドミノを良くしたテーブルだっけ。) ああガスレンジがある。夜食の料理してて、怒られたよなあ。 あ! この机の落書き、覚えがある。 室内にあったミニコンは、今はパソコンに変わったか。

代々の「研究室学生写真アルバム」があるらしいですよ。 (私の時のを見て) みんな若いねえ。元気が出るねえ!

Floating Image ごめんなさい。 回りばかり、きょろきょろ見ないで、そろそろ研究内容の お話しをします。

現在の研究課題は、下記の5課題で、学生のみんなにより、当日プレゼンが準備されているものです。
・高密度実装機器のための階層的な配置設計最適化法
・共通コアを用いた多用途展開のための製品系列最適化設計
・設計幾何学に基づく複数製品に対応可能な共通部品群の最適設計法
・プロダクトアーキテクチャデザインのための知識管理型設計支援システムの構築
・設計プロセス計画のための協調構造の分析とスケジュール立案


内容の詳しい説明は、当日のプレゼンに譲りますが、伝統の「実証事例を使った最適化設計」の研究は、 みごとに今も継続され、発展してきているな ととてもうれしく感じました。 おそらくOB/OG諸氏も、ご自分の研究成果との繋がりを感じ、楽しく思われること請け合いです。

当日は、午後にプレゼンをしていただけるわけですが、午前中から 学生室を開放していただけるとのことです。 お茶菓子だけ持ち寄って、学生室でわいわいやって、昔の学生時代にしばらく戻ってみませんか。 赤木先生も、藤田先生もご参加ですから、ごあいさつもよいでしょうし、あちこち散歩もよいですよ。 1階の機械実習室や8階の製図室なども変わっていますよ。 計算機センターや、新機械棟なども、寄って見られると 楽しいし、また工学部事務所の横に、高層棟が建っていますから、覗いてみてください。

OB/OG諸氏は、きっとお忙しい方ばかりでしょう。 でもこんなイベントは、10年に一度くらいしか準備できないでしょう。 7月15日のお昼は、ぜひお早めに学生室へ。そして夕方には、両先生とともに、大人数でパーティーしましょう。 楽しみにしています。

以 上


※順次更新していきます!!