研究論文リスト
最終更新日:2017年1月17日

戻る


学位論文

CADのための設計知識管理の研究. 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻 平成十三年度博士論文, 2002.

1. 研究論文(査読付き)

[1.1] 野間口大, 吉岡真治, 冨山哲男, 設計知識管理のためのCADアーキテクチャーの提案. 人工知能学会論文誌, Vol. 17, No. 1, (2002), pp.104-113.  [J-STAGE] [CiNii]

[1.2] Yoshioka, M., Umeda, Y., Takeda, H., Shimomura, Y., Nomaguchi, Y. and Tomiyama, T., Physical Concept Ontology for the Knowledge Intensive Engineering Framework, Advanced Engineering Informatics, Vol. 18, No. 2, (2004), pp. 95-113. [Science Direct]

[1.3] 野間口大, 下村芳樹, 冨山哲男, 設計者の思考過程のモデルを利用した設計知識管理システム. 人工知能学会論文誌, Vol. 20, No. 1, (2005), pp. 11-24. [J-STAGE] [CiNii]

[1.4] 野間口大, 下村芳樹, 後藤範恭, 小池一郎, 知識ベースCAD活用のための知識コードコンバータ ―Maxis C3(Cubic) の開発―. 精密工学会誌, Vol. 71, No. 4, (2005), pp. 528-532. [J-STAGE] [CiNii]

[1.5] Nomaguchi, Y. and Shimomura, Y., Development of Knowledge Code Converter for Design Knowledge Management, International Journal of CAD/CAM, Vol. 5, No. 1, (2005), pp. 83-90. [オンラインジャーナル]

[1.6] 後藤範恭, 下村芳樹, 野間口大, 小池一郎, 西郷知泰, 知識ベース CADとモデリング手順書作成システムを用いたネットワークCAD教育 , 精密工学会誌, Vol. 72, No. 12, (2006), pp. 1558-1563. [J-STAGE] [CiNii]

[1.7] 野間口大, 堤大輔, 藤田喜久雄, 到達度に着目した評価モデルに基づく設計プロセス計画支援手法, 日本機械学会論文集 C編, Vol. 75, No. 751, (2009-3), pp. 749-759. [PDF 456KB] [CiNii]

[1.8] 野間口大, 田口智祥, 藤田喜久雄, 工学解析モデリングのための知識管理フレームワークについての考察, 日本機械学会論文集 C編, Vol. 75, No. 756, (2009-8), pp. 2181-2190. [PDF 2402KB] [CiNii]

[1.9] 野間口大, 藤田喜久雄, 設計プロセスにおける仮説生成検証の動的展開に着目した設計支援フレームワーク, 人工知能学会論文誌, Vol. 25, No. 3, (2010), pp. 514-529. [J-STAGE] [CiNii]

[1.10] Nomaguchi, Y., Taguchi, T. and Fujita, K., A Framework of Describing and Managing Engineering Analysis Modeling Knowledge for Design Validation, Concurrent Engineering: Research and Applications, Vol. 18, No. 3, (2010), pp. 185-197. [SAGE Journals Online]

[1.11] 小寺裕子, 野間口大, 藤田喜久雄, スケッチと言語表現の相互作用に着目した設計概念生成支援システムに関する研究, 精密工学会誌, Vol. 77, No. 11, (2011), pp.1063-1069. [J-STAGE] [CiNii]

[1.12] 野間口大, 松安亮典, 堀之内貴大, 藤田喜久雄, タスクの到達度とタスク間の整合度の多目的最適化による設計プロジェクト計画法に関する研究, 日本機械学会論文集C編, Vol. 78, No. 795, (2012), pp. 3812-3828. [J-STAGE] [CiNii]

[1.13] Nomaguchi, Y., Tsutsumi, D. and Fujita, K., Planning Method of Creative and Collaborative Design Process with Prediction Model of Technical Performance and Product Integrity, Concurrent Engineering: Research and Applications, Vol. 24, No. 4, (2012), pp. 315-334. [SAGE Journals Online]

[1.14] 野間口大, Askhoj, A., Madsen, K. F., 藤田喜久雄, 製品系列設計のための設計法選択の支援に関する研究, 日本機械学会論文集C編, Vol. 79, No. 799, (2013), pp. 866-879. [J-STAGE] [CiNii]

[1.15] Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Knowledge Representation Framework for Interactive Capture and Management of Reflection Process in Product Concepts Development, Advanced Engineering Informatics, Vol. 27, No. 4, (2013), pp. 537-554. [Science Direct]

[1.16] 水田将史, 廣岡正也, 野間口大, 藤田喜久雄, モデルベース開発とプロトタイピングの連携を促進するための製品設計支援フレームワークに関する研究, 日本機械学会論文集C編, Vol. 79, No. 807, (2013), pp. 4061-4074. [J-STAGE] [CiNii]

[1.17] Nomaguchi, Y., Mizuta, M., Hirooka M. and Fujita K., Study on Knowledge-Based Product Design Framework for Facilitating Interaction of Model-based Development and Prototyping, International Journal of Automation Technology, Vol. 8, No.3, (2014), pp. 344-355. [Fuji Technology Press FINDER]

[1.18] 齊藤雅博, 野間口大, 藤田喜久雄, 複合システムの設計プロセス管理のためのマルチドメインDSM手法, 精密工学会誌, Vol. 81, No. 3, (2015), pp. 281-287. [J-STAGE]

[1.19] Sawai, K., Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Fundamental Framework toward Optimal Design of Product Platform for Industrial Three-axis Linear-type Robots, Journal of Computational Design and Engineering, Vol. 2, No. 3, (2015), pp. 157–164. [Science Direct]

[1.20] Nomaguchi, Y., Saito, M. and Fujita, K., Multi-domain DSM Method for Design Process Management of Complex System, Journal of Industrial and Production Engineering, Vol. 32, No. 7, (2015), pp. 465-472. [Taylor Fransic Online]

[1.21] 野間口大, 中山寛之, 井上晴規, 戸田康太郎, 藤田喜久雄, 複合領域システムの最適設計における経験的知識の獲得プロセスの分析, 日本機械学会論文集, Vol. 81, No. 830, (2015), 15-00244. [J-STAGE]

[1.22] 野間口大, 董春祉, 中島寛享, 藤田喜久雄, リスク連鎖基本モデルに基づく設計プロジェクトのリスク特定法, 日本機械学会論文集, Vol. 82, No. 842, (2016), 16-00167. [J-STAGE]

[1.23] Nomaguchi, Y., Kawakami, K., Fujita, K., Kishita, Y., Hara, K., Uwasu, M., Robust Design of System of Systems Using Uncertainty Assessment Based on Lattice Point Approach: Case Study of Distributed Generation System Design in a Japanese Dormitory Town, International Journal of Automation Technology, Vol. 10, No. 5, (2016), pp. 678-689. [Fuji Technology Press]

[1.24] 小林勇輝, 櫛田佳那, 竹野祐輔, 福重真一, 野間口大, ものづくりを通したデザイン思考の実践 - 異分野連携チームによる取り組み -, 工学教育, (2017). (採択決定)


2. 単行本掲載論文(査読付き)

[2.1] Nomaguchi, Y. Yoshioka, M. and Tomiyama, T., Document-based Design Process Knowledge Management for Knowledge Intensive Engineering, Cugini, U. and Wozny, M. (eds.): From Knowledge Intensive CAD to Knowledge Intensive Engineering, Kluwer Academic Publishers, Boston, Dordrecht, London, ISBN 0-7923-7619-6, (2001), pp. 131-144. [PDF 517KB]

[2.2] Nomaguchi, Y. and Tomiyama, T. Design Knowledge Management based on a Model of Synthesis, J. C. Borg, P. J. Farrugia and K. P. Camilleri (eds.): Knowledge Intensive Design Technology, Kluwer Academic Publishers, Boston, Dordrecht, London, ISBN 1-4020-7732-7, (2004), pp. 131-150.[PDF 122KB]

[2.3] Nomaguchi, Y. and Shimomura, Y. Management of Design Knowledge for Knowledge-based CAD, Horváth, I. and Xirouchakis, P. (eds.): Tools and Methods of Competitive Engineering (Proceedings of the Fifth International Symposium on Tools and Methods of Competitive Engineering -TMCE 2004, April 12-16, 2004, Lausanne, Switzerland), Millpress, Rotterdam, Netherlands, ISBN 90-5966-018-8, (2004), pp. 1111-1112.[PDF 460KB]

[2.4] Nomaguchi, Y., Nakashima, K. and Fujita, K., A Framework of Describing and Managing Engineering Analysis Modeling Knowledge for Design Validation, Horváth, I., Mandorli, F. and Ruák, Z. (eds.): Tools and Methods of Competitive Engineering (Proceedings of the Eighth International Symposium on Tools and Methods of Competitive Engineering -TMCE 2010, April 12-16, 2010, Ancona, Italy), Euroteh, Grosuplje, Slovenia, ISBN 978-90-5155-060-3, (2010), pp. 1055-1067. [PDF 496KB]

[2.5] Nomaguchi, Y., Yamamoto, T. and Fujita, K., Design Process Planning by Management of Milestones and Options with Design Attainment Model, Heisig, P., Clarkson, P. J. and Vajna, S. (eds.): Modelling and Management of Engineering Processes, Springer-Verlag London Ltd, London, United Kingdom, ISBN 978-1-84996-198-1, (2010), pp. 65-76.

[2.6] 野間口大, 藤田喜久雄, システムとして考える再生可能エネルギーへの転換, 想創技術社会 - サステイナビリティ実現に向けて -, 池道彦, 原圭史郎 (編著), 大阪大学出版会, ISBN978-4-87259-540-6, (2016), pp. 79-96. 招待・査読無


3. 国際会議発表論文(採択審査あり)

[3.1] Nomaguchi, Y., Sekiya, T., Umeda, Y. and Tomiyama, T., A Hypertext-based Design Documentation System for the Knowledge Intensive Engineering Framework, Proceedings of CIRP 1997 International Design Seminar: Multimedia Technologies for Collaborative Design and Manufacturing, (1997), pp.230--239.

[3.2] Nomaguchi, Y., Yoshioka, M. and Tomiyama, T, Knowledge Acquisition by Documenting Design for the Knowledge Intensive Engineering Framework. Alan Bradshaw and John Counsell (Eds.): Computer Aided Conceptual Design '99, Proceedings of the 1999 Lancaster International Workshop on Engineering Design, (1999), pp.135-163.

[3.3] Nomaguchi, Y., Tomiyama, T. and Yoshioka, M., Document-based Design Process Knowledge Management for Knowledge Intensive Engineering, U. Cugini and M. Wozny (eds.): Proceedings of the Fourth IFIP Working Group 5.2 Workshop on Knowledge Intensive CAD, May 22-24, 2000, Parma, Universita degli Studi di Parma, Parma, Italy, (2000), pp. 163-185. ([2.1]のProceedings掲載版 )

[3.4] Yoshioka, M., Nomaguchi, Y. and Tomiyama, T., Proposal of an Integrated Design Support Environment Based on the Model of Synthesis, Proceedings of the 2001 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2001), DETC2001/DAC-21155 (CD-ROM).[PDF 576KB]

[3.5] Tsumaya, A., Nomaguchi, Y., Yoshioka, M., Takeda, H., Murakami, T. and Tomiyama, T., Verification of Synthesis - The Methods for Verification and Results, Proceedings of 13th International Conference on Engineering Design (ICED01), (2001), pp. 229-236.[PDF 50.2KB]

[3.6] Nomaguchi, Y. and Tomiyama, T., Design Knowledge Management based on the Model of Synthesis, J.C. Borg and P. Farrugia (eds.): Proceedings of The Fifth IFIP WG5.2 Workshop on Knowledge Intensive CAD, July 23-25, 2002, St. Julians, Malta, (2002), pp. 62-81.  ([2.2]のProceedings掲載版 )

[3.7] Takeda, H., Sasaki, H., Nomaguchi, Y., Yoshioka, M. Shimomura, Y. and Tomiyama, T., Universal Abduction Studio ― Proposal of a Design Support Environment for Creative Thinking in Design ―, Proceedings of 14th International Conference on Engineering Design (ICED03), (2003), Paper No. 1504 (CD-ROM).[PDF 236KB]

[3.8] Yajima, S., Nomaguchi, Y., Takada, F., Shimomura, Y. and Tomiyama, T., Strategy Design for Movable Cellular Manufacturing System, Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21, (2003), pp. 713-718.

[3.9] Nomaguchi, Y., Ohnuma, A. and Fujita, K., Design Rationale Acquisition in Conceptual Design by Hierarchical Integration of Action, Model and Argumentation, Proceedings of the 2004 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2004), DETC2004/CIE-57681 (CD-ROM).[PDF 813KB]

[3.10] Nomaguchi, Y. and Shimomura, Y., Development of Knowledge Code Converter for Design Knowledge Management, Proceedings of Digital Engineering Workshop (5th IJCC Japan-Korea CAD/CAM Workshop), Feb. 24-25, 2005, Tokyo, Japan, (2005), pp. 61-73.[PDF 140KB]

[3.11] Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Product Architecture Design Process for Model-based Knowledge Management, Proceedings of 15th International Conference on Engineering Design (ICED 05), (2005), Paper No. 146.81 (CD-ROM).[PDF 597KB]

[3.12] Nomaguchi, Y., Taguchi, T. and Fujita, K., Proposal of Knowledge Model for Designing Product Architecture and Product Family, Proceedings of IJCC Workshop 2006 on Digital Engineering, Feb. 8-9, 2006, Pyeongchang-gun, Gangwon-do, Korea, (2006), pp. 77-86.[PDF 155KB]

[3.13] Nomaguchi, Y., Taguchi, T. and Fujita, K., Knowledge Model for Managing Product Variety and its Reflective Design Process, Proceedings of the 2006 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2006), DETC2006-99360 (CD-ROM).[PDF 652 KB]

[3.14] Nomaguchi, Y. and Fujita, K.,An Integration Framework for Advanced Knowledge-based Design Supports - A Viewpoint of DRIFT Paradigm -, Proceedings of Design Engineering Workshop 2007 (7th IJCC Japan-Korea CAD/CAM Workshop), (2007), pp. 70-75.[PDF 316KB]

[3.15] Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Ontology Building for Design Knowledge Management Systems Based on Patterns Embedded in Design-for-X Methodologies, Proceedings of 16th International Conference on Engineering Design (ICED 07), (2007), Paper No. 442 (CD-ROM).[PDF 256KB]

[3.16] Nomaguchi, Y., Tsutsumi, D. and Fujita, K., Design Process Planning from a Viewpoint of Progressive Nature of Knowledge Acquisition, Proceedings of 16th International Conference on Engineering Design (ICED 07), (2007), Paper No. 490 (CD-ROM).[PDF 1014KB]

[3.17] Nomaguchi, Y. and Fujita, K., DRIFT: A Framework for Ontology-based Design Support Systems, Proceedings of the Workshop on The First International Workshop on Semantic Web and Web 2.0 in Architectural, Product and Engineering Design, (2007), pp. 1-10.[PDF 283KB]

[3.18] Nomaguchi, Y., Tsutsumi, D. and Fujita, K., Design Achievement Model for Planning Creative and Concurrent Design Process, Proceedings of the 2008 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2008), DETC2008-49799 (CD-ROM).[PDF 1164KB]

[3.19] Nomaguchi, Y., Nakashima, K. and Fujita, K., Proposal of Management Framework of Engineering Analysis Modeling Knowledge for Design Validation, Proceedings of Design Engineering Workshop 2009 (9th Japan-Korea Design Engineering Workshop), (2009), pp. 67-72.[PDF 374 KB]

[3.20] Nomaguchi, Y., Nakashima, K., Ono, T. and Fujita, K., Discussion on Design Knowledge Management for Multidisciplinary Analysis and Optimization, Proceedings of the 6th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM6), (2010), J-76 (CD-ROM).

[3.21] Nomaguchi, Y., Yamamoto, T. and Fujita, K., Design Process Planning System for Management of Milestones and Options with a Design Attainment Modell, Proceedings of the 1st International Conference on Modelling and Management of Engineering Processes (MMEP 2010), (2010), pp. 185-188.

[3.22] Nomaguchi, Y., Nakashima, K. and Fujita, K., Knowledge Management Framework for Design Verification Process with Computer-aided Engineering Analysis, Proceedings of the 2010 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2010), DETC2010-28670 (CD-ROM).

[3.23] Nomaguchi, Y., Nakashima, K. and Fujita, K., Formalizing and Building Knowledge Management System for Computer-aided Engineering Analysis and Design Verification, Proceedings of 2010 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE2010), (2010), pp. 60-62.

[3.24] Fujita, K., Mitsunaka, A. and Nomaguchi, Y., Exploration of Commonalization Strategies for Product Family Design (A Case Study on Module Commonalization of Universal Motor Family), Proceedings of 9th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO), (2011), Paper Code 361_1.

[3.25] Fujita, K., Muraoka, M., Mistunaka, A. and Nomaguchi, Y., Preliminary Study on Design Concept Exploration of Truss Structures by Multi-Objective Optimization and Self-Organizing Map, Proceedings of 9th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO), (2011), Paper Code 361_2.

[3.26] Nomaguchi, Y., Kotera, Y. and Fujita, K., A Knowledge-based Superposing Sketch Tool for Design Concept Generation Through Reflection of Verbal and Drawing Expression, Proceedings of 18th International Conference on Engineering Design (ICED 11), (2011), 405.

[3.27] Nomaguchi, Y., Matsuyasu, R., Horinouchi, T. and Fujita, K., Design Process Planning by Multi-objective Optimization of Technical Performance and Product Integrity, Proceedings of the 2011 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2011), DETC2011-48156.

[3.28] Nomaguchi, Y., Kuriyama, Y. and Fujita, K., Co-creational Environmental Excellence in Socially Exchangeable Modular Energy System and its Leading Design Methodology based on System of Systems Viewpoint, Proceedings of 7th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign 2011), (2011), A6-04.

[3.29] Inoue, H., Ono, T., Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Descriptive Management Method of Engineering Analysis Modeling and its Operation Process in Multi-Disciplinary System Design, Proceedings of Design Engineering Workshop 2012 (DEWS2012), pp. 148-153.

[3.30] Nomaguchi, Y., Mizuta, M., Hirooka, M. and Fujita, K., Study on Product Design Framework for Enhancing Interaction of Model-based Development and Prototyping, Proceedings of Asian Conference of Design and Digital Engineering, (2012), 100140.

[3.31] Fujita, K., Nasu, K., Ito, Y. and Nomaguchi, Y., Global Product Family Design: Multi-Objective Optimization and Design Concept Exploration, Proceedings of the ASME 2012 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME IDETC/CIE 2012), (2012), DETC2012-70858.

[3.32] Nomaguchi, Y., Askhoj, A., Madsen, K. F., Akai, R. and Fujita, K., Design Method Selection Matrix for Facilitating Product Platform and Family Design, Proceedings of the ASME 2012 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME IDETC/CIE 2012), (2012), DETC2012-70861.

[3.33] Nomaguchi, Y., Inoue, H. and Fujita, K., Descriptive Management Method of Engineering Analysis Modeling and its Operation Process toward Verification and Validation in Multi-Disciplinary System Design, Proceedings of ASME Verification and Validation Symposium (V&V2013), (2013), V&V2013-2402.

[3.34] Nomaguchi, Y., Horinouchi, T., Dong, C. and Fujita, K., Option-based Risk Management Method of Challenging Design Project, Proceedings of the ASME 2013 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2013), (2013), DETC2013-12846.

[3.35] Nomaguchi, Y., Ogawa, T. and Fujita, K., Promoting Void-based Design Concept Generation through Computer Supported Interactive Structurization of Verbal and Drawing Expression, Proceedings of 19th International Conference on Engineering Design (ICED 13), (2013), 161.

[3.36] Nomaguchi, Y., Fujita, K., Formalizing Interactive Sketching Activity for Design Concept Generation toward its Computational Support, Proceedings of 13th Design Engineering Workshop 2013 (DEWS2013), (2013), 42. Best Paper Award

[3.37] Tanaka, H., Nomaguchi, Y., Kishita, Y., Hara, K., Uwasu, M., Fujita, K., Kuroda, M. and Takeda, H., Designing Diffusion Scenarios of Distributed Energy Systems with Multi Agent Simulation - A Case Study of Suita City -, Proceedings of 8th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign 2013), (2013), O-C-8.

[3.38] Dong, C., Horinouchi, T., Nomaguchi, Y., and Fujita, K., Design Project Planning Method with Task Option Model and Two-Level Multi-Objective Optimization, Proceedings of the ASME 2014 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2014), (2014), DETC2014-34827.

[3.39] Sawai, K., Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Fundamental Framework toward Optimal Design of Product Platform for Industrial Three-Axis Linear-Type Robots, 2014 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE 2014), (2014), P18. (no proceedings)

[3.40] Nomaguchi, Y., Saito, M. and Fujita, K., Multi-Domain DSM Method for Design Process Management of Complex System, Proceedings of Asia Design Engineering Workshop 2014 (ADEWS2014), (2014), 31.

[3.41] Nomaguchi, Y., Nakagiri, T., Fujita, K., Computational Support of Design Concept Generation through Interaction of Sketching, Ontology-based Classification and Finding Voids, Proceedings of 20th International Conference on Engineering Design (ICED 15), Minan, Italy, July 27-30, (2015), 37.

[3.42] Nomaguchi, Y., Dong, C., Nakashima, H., Fujita, K., Risk Identification Method for Engineering Design Project based on Risk Chain Mechanism Model, Proceedings of the ASME 2015 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2015), Boston, Massachusetts, August 2–5, (2015), DETC2015-47155.

[3.43] Nomaguchi, Y., Kawakami, K., Fujita, K., Kishita, Y., Hara, K. and Uwasu, M., Study on ``System of Systems'' Design Method with Uncertainty Assessment based on Robust Optimality - Case Study of Distributed Energy System Design in Mishima Area, Osaka –, Proceedings of 9th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign2015), Tokyo, Japan, December 2-4, (2015), A5-3.

[3.44] Nomaguchi, Y., Mochizuki, R. and Fujita, K., Management of Modeling and Formulation in Reflective Design Process of Multidisciplinary System, Proceedings of ASME 2016 International Design Engineering Technical Conferences and Computers and Information in Engineering Conference (IDETC 2016), August 21-24, 2016, Charlotte, North Carolina, USA, (2016), IDETC2016-59469.

[3.45] Sawai, K., Nomaguchi, Y. and Fujita, K., Extended Product Architecture Design of Industrial Robots for Integrating Customer Needs, Physical Functions and Entity Structure, Proceedings of 2016 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE 2016), October 25-27, 2016, Jeju, Korea, (2016), 11-4. Best Presentation Award

[3.46] Kawahara, T., Nakagiri, T., Nomaguchi, Y. and Fujita, K., An Experimental Study on the Effects of ECF Cycle in Design Concept Generation Process, Proceedings of Asia Design Engineering Workshop 2016 (A-DEWS2016), December 12-13, 2016, Osaka, Japan, (2016), 11.


4. 解説記事

[4.1] 野間口大, 設計プロセスモデリングの研究動向, 設計工学, Vol. 42, No. 4, (2007), pp. 8-14.[PDF 141KB]

[4.2] 野間口大, 巻頭言:特集「設計知識マネジメントの技術」にあたって, 設計工学, Vol. 43, No. 4, (2008), p. 1.

[4.3] 野間口大, 設計検証のための工学解析モデリングプロセスの知識管理に向けて, 設計工学, Vol. 45, No. 6, (2010), pp. 289-297. [PDF 4.9MB] TMIR賞

[4.4] 野間口大, 栗山裕, 藤田喜久雄, シナリオとマルチエージェントシミュレーションによる超システムの設計方法論-モジュール交換型社会共有エネルギーシステム設計による試み-, 設計工学, Vo. 49, No. 7, (2014), pp. 358-368.

[4.5] 野間口大, 上流から考える製品設計開発とその方法論, とりしまレビュー, No. 27, (2016), pp. 3-8.

[4.6] 野間口大, 藤田喜久雄, 再生可能エネルギー導入に向けた連係計画とシステムズアプローチ, 環境技術, Vol. 45, No. 10, (2016), pp. 515-521.

5. 講演会口頭報告

[5.1] 野間口大, 関谷貴之, 梅田靖, 冨山哲男, ハイパーテキストを利用した設計計算書エディタの作成, 1997年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (1997), pp.887-888.

[5.2] 野間口大, 関谷貴之, 梅田靖, 冨山哲男, 設計過程文書化システムの展開, 1997年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (1997), p.124.

[5.3] 野間口大, 冨山哲男, 設計文書からのキーワード抽出によるメンタルモデルの構築, 日本機械学会第8回設計工学・システム部門講演会論文集, (1998), pp.149-152.

[5.4] 野間口大, 冨山哲男, Webを利用した設計支援システムのインターフェースの開発 , 日本機械学会第8回設計工学・システム部門講演会論文集, (1998), pp.309-312.

[5.5] 野間口大, 冨山哲男, 設計知識の共有と再利用のための設計文書管理システムの開発, 1999年人工知能学会全国大会(第13回 )論文集, (1999), pp.120-121.

[5.6] 野間口大, 冨山哲男, 設計過程情報の共有と再利用のための設計文書管理システムの開発, 第17回設計シンポジウム講演論文集, (1999), pp.109-112.

[5.7] 野間口大, 冨山哲男, 設計知識の共有・再利用のための設計ドキュメンテーション管理システムの開発, 1999年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 1999, p.18.

[5.8] 野間口大, 吉岡真治, 冨山哲男, 設計文書からの知識の構造化の手法の提案, 日本機械学会第9回設計工学・システム部門講演会論文集, (1999), pp.100-103.

[5.9] 吉岡真治, 野間口大, 冨山哲男, 設計文書作成管理システムの研究, 情報処理学会研究報告(SIG-GW), Vol. 99, No.88, (1999), pp.63-68.

[5.10] 妻屋彰, 野間口大, 吉岡真治, 武田英明, 村上存, 冨山哲男, 設計事例分析による設計過程モデルの比較 (第1報)  - 設計事例記録の整理 -, 2000年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2000), p.19.

[5.11] 野間口大, Kunze, H., Lossack, R.S., 冨山哲男, XMLを用いた機能モデリングシステムの統合 .第18回設計シンポジウム講演論文集, (2000), pp.29-33.

[5.12] 野間口大, 妻屋彰, 吉岡真治, 武田英明, 村上存, 冨山哲男, 設計事例分析による設計過程モデルの比較 (第2報)  - 設計過程の情報モデルの提案 -, 2000年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2000), p.260.

[5.13] 野間口大, 妻屋彰, 吉岡真治, 鷲尾隆, 武田英明, 村上存, 冨山哲男, 設計知識に注目した設計の推論モデルの提案 (第4報)  - 設計の推論モデルの計算機上への実装と検証 -, 日本機械学会第 10回設計工学・システム部門講演会論文集, (2001), pp.285-288.

[5.14] 妻屋彰, 野間口大, 吉岡真治, 武田英明, 村上存, 冨山哲男, 設計知識に注目した設計の推論モデルの提案 (第5報)  - 異なる設計過程のモデルとの比較 -, 日本機械学会第 10回設計工学・システム部門講演会論文集, (2001), pp.289-292.

[5.15] 野間口大, 冨山哲男, 吉岡真治, 設計シミュレータを用いた設計文書作成支援 . 2001年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2001), p.318.

[5.16] Tan, Y., Nomaguchi, Y., Kiriyama, T. and Tomiyama, T., A Design Information Threading System based on Concurrent XML and Multimedia Representation, 2001年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2001), p.320.

[5.17] 野間口大, 吉岡真治, 冨山哲男, 設計知識管理のための CADアーキテクチャーの提案, 第19回設計シンポジウム講演論文集, (2001), pp.109-116.

[5.18] 野間口大, 坂井宏充, 下村芳樹, 冨山哲男, 設計者の思考過程モデルを用いた設計文書の自動生成, 2001年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2001), p.34.

[5.19] 坂井宏充, 野間口大, 吉岡真治, 下村芳樹, 冨山哲男, 人工物工学研究の展開 (第15報)  - 設計者の思考パターンの発見による知識獲得 -, 日本機械学会第 11回設計工学・システム部門講演会論文集, (2001), pp.204-206.

[5.20] 野間口大, 下村芳樹, 冨山哲男, 設計者の思考過程のモデルを利用した設計知識管理システム. 第 20回設計シンポジウム講演論文集, (2002), pp. 83-90.

[5.21] 野間口大, 下村芳樹, 冨山哲男, 後藤範恭, 小池一郎, 人工物工学研究の展開 第16報 -知識ベースCADのためのルール生成支援 -. 日本機械学会第12回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2002), No. 02-31, pp. 402-405.

[5.22] 坂井宏充, 野間口大, 吉岡真治, 武田英明, 下村芳樹, 冨山哲男, 人工物工学研究の展開 第18報 -Universal Abduction Studioの提案 -, 日本機械学会第12回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2002), No. 02-31, pp. 410-411.

[5.23] 下村芳樹, 坂井宏充, 野間口大, 吉岡真治, 武田英明, Universal Abduction Studioの開発(第1報) ― Universal Abduction Studioの基本構想 ―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 22. (CD-ROM)

[5.24] 坂井宏充, 野間口大, 下村芳樹 , 吉岡真治, 武田英明, Universal Abduction Studioの開発(第2報) ― 構造的アナロジー推論に基づく設計支援 ―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 23. (CD-ROM)

[5.25] 野間口大, 下村芳樹, 後藤範恭, 小池一郎, 知識ベースCADのための知識管理方法論(第 1報) -知識コード生成システムの開発-, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 74. (CD-ROM)

[5.26] 下村芳樹, 渡辺健太郎, 野間口大, 坂尾知彦, 冨山哲男, サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第1報)― サービスCADの要求仕様 ―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 32. (CD-ROM)

[5.27] 坂尾知彦, 渡辺健太郎, 野間口大, 下村芳樹, サービス工学に基づくサービス CADシステムの構築(第2報) ― サービスのモデリング手法の提案 ―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 33. (CD-ROM)

[5.28] 渡辺健太郎, 野間口大, 下村芳樹, 坂尾知彦, サービス工学に基づくサービス CADシステムの構築(第3報) ― サービスモデリングツールの構築 ―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 34. (CD-ROM)

[5.29] 吉成亮彦, 野間口大, 下村芳樹, 知識ベースCADのための知識管理方法論(第 2報) ― 設計手順書からの自然言語処理による知識コード生成システムの開発 ―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 75. (CD-ROM)

[5.30] 矢島覚, 野間口大, 下村芳樹, 冨山哲男, 自走機能を持つ細胞型機械の開発 -第2報- 細胞機能の動的な変更戦略, 日本機械学会ROBOMEC03講演論文集 , はこだて未来大, 北海道, (2003), p. 110 (CD-ROM)

[5.31] 武田英明, 坂井宏充, 野間口大, 吉岡真治, 下村芳樹, 冨山哲男, 設計における創造性支援環境「ユニバーサル・アブダクション・スタジオ」の提案, 2003年度人工知能学会全国大会講演論文集, 朱鷺メッセ, 新潟, (2003). (CD-ROM)

[5.32] 藤本裕, 野間口大, 下村芳樹, 吉岡真治, 武田英明, Universal Abduction Studioの開発(第 3報) -高創造性設計支援のための知識表現 -, 2003年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 32 (CD-ROM)

[5.33] 野間口大, 下村芳樹, 後藤範恭, 小池一郎, 知識ベースCADのための知識管理方法論(第 3報) -設計手順の文書化による知識獲得-, 2003年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2003), p. 29 (CD-ROM)

[5.34] 吉岡真治, 野間口大, 藤本裕, 下村芳樹, 武田英明, 創造的設計のための仮説的知識の生成手法, 日本機械学会第13回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2003), No. 03-27, pp. 189-191.

[5.35] 野間口大, 飯高智史, 大沼充史, 藤田喜久雄, 製品アーキテクチャの設計支援のための情報システムの構想, 日本機械学会第13回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2003) , No. 03-27, pp. 224-227.

[5.36] 藤本裕, 野間口大, 下村芳樹, 吉岡真治, 武田英明, Universal Abduction Studioの開発(第4報) -UASのための多重解釈型知識表現-, 2004年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 , (2004), pp. 315-316 (CD-ROM)

[5.37] 野間口大, 藤田喜久雄, 設計根拠の獲得と行為・モデル・議論の階層的統合についての考察, Design Symposium 2004 講演論文集, (2004), pp. 83-90.

[5.38] 野間口大, 井上厚, 藤田喜久雄, 設計プロセスの計画・評価システムの構想, 日本機械学会第 14回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2004), pp. 359-362.

[5.39] 野間口大, 飯高智史, 藤田喜久雄, 製品アーキテクチャと製品系列の設計手法に関する研究, 日本機械学会第 14回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2004), pp. 363-366.

[5.40] 野間口大, 飯高智史, 川上賢一, 藤田喜久雄, 属性空間とその操作に基づいた製品系列設計支援システムの研究, 日本機械学会第 15回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2005) , pp. 284-287.

[5.41] 藤田喜久雄, 梅田 靖, 榎本俊之, 野間口大, 設計方法論の展開と教育における産学連携 , 日本機械学会第15回設計工学・シ ステム部門講演会講演論文集, (2005) , pp. 290-293.

[5.42] 野間口大, 井上 厚, 徳山剣太郎, 藤田喜久雄, 設計プロセスの計画と評価のためのリワークシミュレーションに関する研究, 日本機械学会第 15回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2005), pp. 402-405.

[5.43] 野間口大, 設計プロセスに着目した設計知識の獲得とマネジメント , 日本機械学会2005年度年次大会講演資料集 (8), (2005), pp. 347-348. 招待

[5.44] 田口智祥, 野間口大, 藤田喜久雄, プロダクトアーキテクチャデザインのための知識管理型設計支援システムの構築, Design シンポジウム2006 講演論文集, (2006), pp. 301-308.

[5.45] 後藤範恭, 下村芳樹, 野間口大 , 小池一郎, 西郷知泰, 知識ベース CADとモデリング手順書作成システムを用いたネットワークCAD教育 -Maxis C3(Cubic)の応用-, 2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集 , (2006), pp. 103-104 (CD-ROM).

[5.46] 野間口大, 堤大輔, 藤田喜久雄 , タスクの依存関係とチーム構成に着目した設計プロセス計画法の構想, 日本機械学会 2006 年度年次大会講演論文集(4), (2006), pp. 363-364.

[5.47] 後藤範恭, 下村芳樹, 野間口大 , 小池一郎, 西郷知泰, 知識ベース CADとモデリング手順書作成システムを用いたネットワークCAD教育 , 日本機械学会第16回設計工学・システム部門講演会講演論文集 ,  (2006), pp. 218-219.

[5.48] 野間口大, 堤大輔, 藤田喜久雄 , 設計の漸進性と設計プロセス計画の課題, 日本機械学会第 16回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2006), pp. 71-74.

[5.49] 野間口大, 藤田喜久雄, 設計方法論とオントロジー構築, 日本機械学会第16回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2006), pp. 232-235.

[5.50] 野間口大, 高畑一真, 藤田喜久雄, 設計における省察の支援と知識管理型設計支援システムへの展開, 日本機械学会第17回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2007), pp. 64-67.

[5.51] 野間口大, 田口智祥, 藤田喜久雄, 複合領域設計統合支援システムのためのモデリングプロセスのマネジメントに関する研究, 日本機械学会第17回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2007), pp. 68-71.

[5.52] 堤大輔, 野間口大, 藤田喜久雄, 協調構造における設計の漸進性に着目した設計プロセス計画評価法, 日本機械学会第17回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2007), pp. 346-349.

[5.53] 野間口大, 堤大輔, 藤田喜久雄, 設計プロセスの漸進性と協調構造から考える計画評価法の構想, 日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集, (2008), pp. 1-15. 招待

[5.54] 野間口大, 田口智祥, 藤田喜久雄, 工学解析モデリングのための知識管理フレームワークについての考察, 日本機械学会第18回設計工学・システム部門講演会論文集, (2008), Paper No. 1108 (CD-ROM).
[5.55] 野間口大, 堤大輔, 藤田喜久雄, 到達度に着目した評価モデルに基づく設計プロセス計画支援手法, 日本機械学会第18回設計工学・システム部門講演会論文集, (2008), Paper No. 3210 (CD-ROM).

[5.56] 高畑一真, 野間口大, 藤田喜久雄, 省察的設計過程の知識管理型支援のための設計操作の動的構造化についての考察, デザインシンポジウム2008講演論文集, (2008), pp. 447-454.

[5.57] 野間口大, 高畑一真, 藤田喜久雄, 統合型設計支援のための設計操作の動的構造化と知識管理, 日本機械学会2009年度年次大会講演資料集 (7), (2009), pp. 335-336.

[5.58] 野間口大, 小寺裕子, 藤田喜久雄, 省察的設計プロセス支援のための形状操作の獲得と管理に関する基礎的研究, 日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会論文集, (2009), Paper No. 1101 (CD-ROM).

[5.59] 野間口大, 中島幸祐, 藤田喜久雄, 設計検証のための工学解析におけるモデリング知識の管理フレームワークの構想, 日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会論文集, (2009), Paper No. 1105 (CD-ROM).

[5.60] 野間口大, 山本智彦, 藤田喜久雄, 設計プロセス計画支援におけるマイルストーンとオプションの管理に関する研究, 日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会論文集, (2009), Paper No. 3103 (CD-ROM).

[5.61] 野間口大, 中津壮人, 藤田喜久雄, 知識管理型設計支援における機能展開と因果関係把握の統合に関する研究, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2010), A32 (CD-ROM).

[5.62] 野間口大, 中島幸祐, 藤田喜久雄, 設計における工学解析知識の管理フレームワークに向けたオントロジー構築, 日本機械学会第20回設計工学・システム部門講演会論文集, (2010), Paper No. 2204 (CD-ROM).

[5.63] 野間口大, 松安亮典, 藤田喜久雄, 設計プロセス計画のためのマイルストーンとオプションの管理に着目した最適なリソースの配分法に関する研究, 日本機械学会第20回設計工学・システム部門講演会論文集, (2010), Paper No. 2311 (CD-ROM).

[5.64] 小寺裕子, 野間口大, 藤田喜久雄, スケッチによる概念生成のための重ね書きに着目した設計支援システムの構想, Design シンポジウム2010 講演論文集, (2010), dss10-0067.

[5.65] 満中 敦, 藤田 喜久雄, 野間口 大, 製品系列統合化設計における共通化方策の最適設計探査に関する研究, 日本機械学会 第9回最適化シンポジウム, (2010), pp. "216-1"-"216-6".

[5.66] 野間口大, 小寺裕子, 藤田喜久雄, 言語表現と描画表現の省察プロセスに着目した設計概念生成支援ツール, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回)講演論文集, (2011), 1E3-4.

[5.67] 野間口大, 水田 将史, 藤田喜久雄, 仮説生成検証の動的展開に着目した概念設計支援システムのメカトロニクスシステム設計への展開, 日本機械学会2011年度年次大会DVD-ROM論文集, (2011), J123011.

[5.68] 堀之内貴大, 松安亮典, 野間口大, 藤田喜久雄, タスクの到達度とタスク間の整合度の多目的最適化による設計プロジェクト計画法に関する研究, 日本機械学会第21回設計工学・システム部門講演会論文集, (2011), 1111.

[5.69] 野間口大, 栗山裕, 藤田喜久雄, 共創的環境優位性とそのSystem of Systems の視点に基づいた先導設計方法論 (モジュール交換型社会共有エネルギーシステムにおける試み), 日本機械学会第21回設計工学・システム部門講演会論文集, (2011), 2409.

[5.70] 武田康士, 野間口大, 藤田喜久雄, A2MOSA:アーカイブの適応的調整による多目的シミュレーテッドアニーリング法, 情報処理学会第88回数理モデル化と問題解決研究発表会, (2012), IPSJ-MPS12088005.

[5.71] 井上晴規, 小野貴也, 野間口大, 藤田喜久雄, 複合領域システム設計における解析モデリングとその操作プロセス記述的管理法, 日本機械学会 2012 年度年次大会講演論文集, (2012), J112013.

[5.72] 野間口大, 設計検証のための工学解析モデリングの知識管理フレームワーク, 日本機械学会2012年度年次大会講演論文集, (2012), W121001. 招待

[5.73] 伊藤悠馬, 奈須健, 野間口大, 藤田喜久雄, グローバルプロダクトファミリーにおけるモジュール共通化とサプライチェーン構成の同時計画のための多目的最適設計, 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2012), 2101.日本機械学会フェロー賞(若手優秀講演)

[5.74] 野間口大, Askhoj, A., Madsen, K. F., 藤田喜久雄, 製品系列設計のための設計法選択の支援に関する研究, 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2012), 2102.

[5.75] 水田将史, 廣岡正也, 野間口大, 藤田喜久雄, モデルベース開発とプロトタイピングの連携を促進するための製品設計支援フレームワークに関する研究, 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2012), 3201.

[5.76] 野間口大, 太田理恵, 藤田喜久雄, 設計概念生成のための言語表現と描画表現のインタラクティブ構造化支援ツール, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2012), 123491.

[5.77] 村岡正敏, 野間口大, 藤田喜久雄, 平面トラス橋を題材とした多様な代替案の生成と概念空間の構造化による概念設計支援の試み, Design シンポジウム 2012講演論文集, (2012), pp. 25-32.

[5.78] 堀之内貴大, 董春祉, 野間口大, 藤田喜久雄, アダプティブな設計プロジェクト計画のための設計プロセスオプションとその評価モデルに関する基礎研究, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2013), P07.

[5.79] 井上晴規, 野間口大, 藤田喜久雄, 複合領域システムの最適設計における設計者の思考過程の分析とその記述的管理法, 日本機械学会 2013 年度年次大会講演論文集, (2013), J102011.

[5.80] 齊藤雅博, 野間口大, 藤田喜久雄, 複合システムの設計プロセス管理のためのマルチドメインDSM手法の提案, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2013), M03. ベストポスタープレゼンテーション賞

[5.81] 董春祉, 堀之内貴大, 野間口大, 藤田喜久雄, タスクオプションを考慮した二段階多目的最適化による設計プロジェクト計画法, 日本機械学会第23回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2013), 1405.

[5.82] 戸田康太郎, 水田将史, 野間口大, 山﨑慎太郎, 藤田喜久雄, モデルベース開発とプロトタイピングの省察的相互作用についての設計実験, 日本機械学会第23回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2013), 2211. 優秀講演表彰

[5.83] 井上晴規, 中山寛之, 野間口大, 藤田喜久雄, 複合領域システムの最適設計における設計者の思考過程の記述的管理法, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2014), E75.

[5.84] 田中博己, 榊原章之, 野間口大, 藤田喜久雄, 木下裕介, 原圭史郎, 上須道徳, 吹田市における再生可能エネルギーの普及シナリオの設計とそのシミュレーションに基づく評価, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2014), G48.

[5.85] 野間口大, 田中博己, 榊原章之, 藤田喜久雄, 木下裕介, 原圭史郎, 上須道徳, 分散型エネルギーシステム構築に向けた補助金制度計画と系統整備計画の連係シナリオの立案・評価 -- 大阪府三島地域におけるケーススタディー --, 第33回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集, (2014), 2-3.

[5.86] 田中英伍, 野間口大, 藤田喜久雄, 村岡正敏, 多様な代替案の構造化による概念設計支援に関する研究, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2014), M09.

[5.87] 澤井伽奈, 野間口大, 藤田喜久雄, 産業用三軸直交ロボットのためのプラットフォームの最適設計に関する研究(低次元モデルの導入と多目的最適化による統合化設計の基本構想), 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2014), 1201.

[5.88] 野間口大, 中山寛之, 井上晴規, 戸田康太郎, 藤田喜久雄, 複合領域システムの最適設計における経験的知識の獲得プロセスの分析, 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2014), 1204.

[5.89] 中切拓, 野間口大, 藤田喜久雄, スケッチ・分類操作・Void発見の連鎖による発想支援に関する研究, Design シンポジウム 2014講演論文集, (2014), 3104.

[5.90] Nomaguchi, Y., A Model of Design Concept Generation based on Sketching Activity and Concept Operation toward its Computational Support, Proceedings of 2014 the Second Intenational Conference of Dept. of Interdisciplinary Program in Studies of Arts BK21 Plus "Da Vinci Innovative Artist Resources Development Group" in Sungkyunkuan University: <Art Culture-Creativity and Interdisciplinary Research> Korea-Japan Joint International Conference on Arts Studies, (2014), pp. 216-222.

[5.91] 川上和音, 野間口大, 藤田喜久雄, 木下裕介, 原圭史郎, 上須道徳, ロバスト最適性の概念に基づくリスク評価によるSystem of Systems 設計手法に関する研究 - 大阪府三島地域における分散型エネルギーシステム計画問題によるケーススタディ -, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2015), K45.

[5.92] 野間口大, 董春祉, 中島寛享, 藤田喜久雄, 設計プロジェクトにおけるリスク連鎖メカニズムを考慮した多目的最適計画手法, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2015), K32.

[5.93] 野間口大, 董春祉, 中島寛享, 藤田喜久雄, リスク連鎖基本モデルに基づく設計プロジェクトのリスク特定法, 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2015), 2205.

[5.94] 澤井伽奈, 野間口大, 藤田喜久雄, 製品系列設計における顧客ニーズ・物理機能・実体構造の相互関係とそれらを包括する設計手法の課題, 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2015), 2207.

[5.95] 野間口大, 設計技法・ツールの産業界における活用状況, 精密工学会第376回講習会「基礎講座 設計技法入門 -今日から使える設計技法-」テキスト, (2015), pp. 1-5. 講習会

[5.96] 野間口大, 1DCAEと設計手法, 日本機械学会No.15-153講習会「1DCAE概念に基づくものづくり設計教育(第六弾):1DCAEが拓くものづくりの新しい世界」テキスト, (2015), pp. 81-96. 講習会

[5.97] 望月遼太, 戸田康太郎, 野間口大, 藤田喜久雄, 複合領域システム最適設計におけるモデリングと定式化の省察過程の形式化に関する研究, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, (2016), B38.

[5.98] 野間口大, 知識マネジメントの観点から考える最適設計の課題とアプローチ, PIDO-DAY 2016 ~PIDOの設計者展開を目指して~, (2016). 招待

[5.99] 竹野祐輔, 小林勇輝, 櫛田佳那, 福重真一, 野間口大, 異分野連携チームによるもの作りを通したデザイン思考実践, 日本工学教育協会第64回年次大会・工学教育研究講演会, (2016), 100195.

[5.100] 福重真一, 野間口大, 伊藤宏幸, 兼松泰男, オールラウンド型博士人材教育のためのものづくりPBL, 日本工学教育協会第64回年次大会・工学教育研究講演会, (2016), 100272.

[5.101] 野間口大,阪口杏奈,藤田喜久雄, 製品設計開発における設計工学手法・ツールの活用状況の構造化分析, 2016年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2016), C40.

[5.102] 野間口大, SIP (戦略的イノベーション創造プログラム) 提案へのロードマップ活用事例紹介 - 設計工学・システム部門 -,日本機械学会2016年度年次大会講演論文集, (2016), W262002. 招待

6. 報告書

[6.1] 野間口大, 梅田靖, 冨山哲男: 設計支援のための設計計算書エディタの実現. 総合試験所年報,第56巻,東京大学工学部総合試験所, (1997), pp.73-80.

[6.2] 野間口大,需要変動に応じて交換可能なシステムとその運用方針の統合的な設計によるサステナビリティの実現可能性に関する研究,文部科学省科学技術振興調整費戦略的研究拠点育成プロジェクト「サステナビリティ学連携研究機構」構想 持続可能な産業社会への転換方策最終成果報告書, (2010), pp. 160-161.